読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いち押し!?ハインラインの通販が激安価格っ♪ロバート

激安
新訳は,ひらがなが多く,時代を反映して割とくだけた文体になっています。まず,もともと同じものなので,基本的には同じです。旧訳を実家に置き忘れてきたので,自宅用に新訳版を買いました。

これっ!

2017年02月22日 ランキング上位商品↑

ロバート ハインライン夏への扉新訳版 [ ロバート・A.ハインライン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

猫大好きな人なら思い当たる表現がいくつもあり、そこもまた楽しめるポイントです。どちらがお好みか,判断の材料になれば・・・。アメリカの作品なので、英語独特の言い回しがそのまま訳されて訳がわからないところもありますが、グッと堪えて読むと面白いと思います。。☆−2の理由・値段が高くなっている・表紙は個人的に文庫版のほうがすきなので今年の夏の推薦図書の一つと友人の中学生に教えてもらい購入しました。SFといいながら!実は猫大好き男性の物語です。ただ!SF的要素を取り入れるなら!個人的には多少の堅苦しい表現も必要か名と思いますので!新訳版での全体的に柔らかいというだけでは!物足りない感じもありました。(当たり前か)若い世代には新訳を,30代後半以降には旧訳を薦めたいかな。本自体が変形サイズなのか縦が長く!文章もずらずらと縦長なのが読みづらい。まだ読み始めですが!現在の日本に置き換えて読み進めると面白そうな内容だなと思っています。超有名SF作品ですが!さすがに時代に合わない言葉を!原題向けに直しているなど!原作の良さを損ねないよう配慮したうえで!読みやすくなってます。個人的には,旧訳のほうがSF的で,ロボット名のルビもよかったなと思います。おそらく原書では「バーサンスーシー」となっているところが旧訳では確か「バー無憂宮」(ルビでサンスーシー),新訳では「おきらく亭」です。朗読のため!購入しました。演劇集団キャラメルボックスの舞台の原作本の新訳版です。福島訳版での硬い表現が新訳版でかなり柔らかくなっていて読みやすいです。また、ラストで旧版では少し引っかかる箇所があり、新訳版ではそこがわかりやすい表現になっていたことで、ようやく腑に落ちました。